会社概要

社屋全景

ご挨拶

当社は、昭和20年の電気部門開設以来、時代のニーズに応えるべく、様々な製品を生み出してきました。
常にお客様・仕事と誠実に向き合い、要求に応えられる製品・サービスを提供できるよう技術を磨きながら、日々の業務に取り組んでおります。フットワークの軽さや、細やかな対応にも自信があります。今後も、お客様の満足度をさらに高めつつ、社会への貢献を通じて社員1人1人が自身の仕事に誇りを持ち、新たなチャレンジを通して成長していく。そんな会社であり続けたいという想いを胸に、日々邁進していきます。
今後とも、なお一層のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 日南田哲三

会社概要

創立
昭和20年10月
資本金
3,000万円
従業員数
36名(令和元年11月現在)
事業内容
建設工事業、設備工事業、電気工事業、電気機械器具製造業、鉄道車両部品の物販業
主要取引銀行
八十二銀行 昭和通営業部
長野信用金庫 権堂支店

沿革

大正5年6月
長野市権堂町に日南田紙器製作所を創業
昭和20年10月
電気部門を開設。電気材料ラジオ部品、工具等の販売を始める
昭和23年2月
日南田電気紙器有限会社を設立。国鉄、電々関係の設備工事を始める
昭和25年5月
長野県知事登録(り)第2048号
昭和28年12月
日南田電気株式会社とする。紙器部を廃止。電機工場を始める
昭和40年9月
総合技術センターを新設。工場製作部門の強化を図る
昭和54年5月
長野県知事許可(般-54)第1199号(電気・管・機械器具設置工事業)
昭和55年9月
長野県知事許可(般-55)第1199号(電気通信工事業)追加
昭和62年5月
旧国鉄管理局ビル内に長野駅前営業所を開設。商事部を移転する
平成元年5月
市内南長池に南長池工場を新築。同時に本社組織を移転収容する
平成6年11月
新築のJR長野支社ビル4Fに商事部を移転する
平成9年7月
工場製造部門拡充、同時に総務部門を工場建物から独立して新築移転する
平成27年4月
工場内担当部門を効率化、製造課・営業技術課とする
平成30年9月
工場内担当部門を効率化、製造課・技術課・保全工事課とする
タイトルとURLをコピーしました